マスカラ落としでまつげが抜ける

マスカラを落とす時、まつげが抜けてしまうのはなぜ?



メイク落としでマスカラを落とすときに、毎回まつげが何本か抜けてしまうということはありませんか?
まつげは髪の毛と同じように生え変わりのサイクルがあるので、たまたまそのタイミングで抜けたとも考えられますが、マスカラをつけたりビューラーで負担をかけることで寿命が短くなって抜けやすくなるのです。

また、間違ったメイク落としや洗顔方法が原因でまつげが抜けてしまうこともあります。

今回はマスカラを落とすときにまつげが抜けてしまうという悩みを持つ女性に向けて、マスカラの種類や、マスカラを落とすときにまつげが抜ける理由、まつげに負担の少ないマスカラの落とし方などについて解説していきます。

マスカラの種類は3種類



マスカラは落ちにくい「ウォータープルーフタイプ」、落としやすい「フィルムタイプ」、水だけで簡単に洗い流せる「ウォッシャブルタイプ」の3つに分けることができます。

それぞれの特徴などについて詳しく見てみましょう。

フィルムタイプ



フィルムタイプのマスカラは、「耐水性」のフィルムでまつげをコーティングするマスカラです。
フィルムタイプのマスカラは、まつげだけでなく肌への負担も少なくお湯で簡単に落とすことができます。

また水だけでなく皮脂にも強いため、脂性肌の人でもにじむことがないので人気を集めているんです。

付け心地も軽いと評判がよく使いやすいのですが、ウォータープルーフタイプやウォッシャブルタイプと比較すると若干まつげのカールのキープ力が弱いというデメリットがあります。

ウォータープルーフタイプ


ウォータープルーフタイプのマスカラには次の3つの特徴があります。

  • 水に強くにじまない
  • まつげのカール力が強く長時間維持できる
  • 日焼け止め成分が配合されている


水に強いだけでなく、カールのキープ力の長さ、そして日焼け止め成分も含まれていることから、3つの種類の中でも人気の高いマスカラです。
朝つけて夜オフするまで、にじむこともないので塗りなおす必要がないという点もメリットと言えるでしょう。

しかし水に強いということから、ウォータープルーフタイプのマスカラを落とすときには、専用クレンジングを使用しないときちんと落とすことができません。

またマツエクを付けている場合は、クレンジングでマツエクが落ちてしまうことがあるため、ウォータープルーフタイプのマスカラはマツエクを使用している時には使うことができません。

ウォッシャブルタイプ


ウォッシャブルタイプのマスカラは、汗や雨など水だけで簡単に落ちてしまうので、ぬるま湯や洗顔料でも簡単に落とすことができます。
手間をかけず落としやすいというメリットが、逆に落ちやすいというデメリットにもなっているので、長時間使用する場合には、メイク直しのときにマスカラの塗りなおしが必要になる場合もあります。

マスカラ落としでまつげが抜ける理由



マスカラの落とし方はそれぞれのタイプで異なり、落とし方が甘くてマスカラが残ってしまうとまつげが抜けるだけでなく、肌トラブルの原因になってしまうのです。

まぶたなどの目元は皮膚が弱いため、ちょっとした刺激でも肌が傷つきますし、マスカラやアイメイクが残れば色素沈着の原因になることもあるんです。

そしてシワやたるみの原因になるだけでなく、まつげの根元やまつげ自体にもダメージを与え、まつげの寿命を縮めてしまい抜けやすくなる原因になります。

そのマスカラの落とし方、まつげの負担になってますよ!


マスカラを落とすとき、リムーバーをしみこませたコットンで挟んでまつげを引っ張ったり、目元を強くこすったりしていませんか?
この方法はまぶたやまつげにダメージを与えてしまい、まつげの寿命を縮め抜けやすくなってしまうマスカラのダメな落とし方なんです。

洗顔料で落とすことも可能な場合もありますが、ウォータープルーフなどの場合は落ちにくいことから、力を入れてしまいがちです。

しかし目元を強くこすったり、まつげを引っ張って洗い流すのは逆に肌やまつげを傷つけてしまう原因になってしまいます。

また洗い残しがでてしまうことで、毛穴が詰まってしまいまつげの毛根にダメージが出たり、ニキビなどの肌トラブルが出てしまうこともあります。

【対策法】オイル系のクレンジングはマスカラを強力に落とす



マスカラをきれいに落としまつげの負担を減らす対策で、オイルタイプのクレンジングを使用するという方法があります。
オイルタイプのクレンジングは、マスカラの成分ををクレンジングに含まれているオイルに溶かすことで、マスカラを落とすことができるんです。

ただしオイルタイプのクレンジングを使用するときに顔や手が濡れた状態で使用すると、余計な水分があるためにクレンジング剤と化粧品がなじんでくれなくなるので、一度で落とし切れなかったり、肌やまつげへの摩擦が起きやすくなるので、必ず肌が乾いた状態で行いましょう。

オイルタイプのクレンジングの代わりに、「ココナッツオイル」や「ホホバオイル」、「ベビーオイル」を使ってマスカラを落とすこともできます。

でもデメリットもある


「フィルムタイプ」や「ウォッシャブルタイプ 」のマスカラはオイルクレンジングで落ちやすいのですが、「ウォータープルーフタイプ」のものは、成分に含まれている油分がクレンジングに含まれているオイルに溶けにくいため、専用のクレンジングでなければ落ちにくいです。

またマツエクを行っているときは、オイルタイプのクレンジングを使うと、マツエクの接着部分が溶けてしまいます。そのため、マツエクを行っている時は「マツエク向け」や「オイルフリー」の水溶性のクレンジングを使うことになります。

マスカラ専用リムーバーもオススメ


マスカラ専用のリムーバーはウォータープルーフタイプのマスカラも、肌やまつげへの負担が少なく簡単にマスカラを落とすことができます。
マスカラリムーバーを使用する場合は、できるだけマスカラと同じメーカーのものを使用することをおすすめします。販売元の作っているマスカラリムーバーなら、簡単に落とすことができますが、マスカラリムーバーでマスカラを落とした後の洗顔も忘れずに行いましょう。

マスカラリムーバーを使ったマスカラの基本的な落とし方は「マスカラリムーバー」、「コットン」、「綿棒」。この3つの道具を使用し、次の手順で落とします。

    マスカラリムーバーの使い方

  • マスカラリムーバーをたっぷりとコットンにしみこませ、まぶたに数秒間当てます。
    リムーバーのしみこんだコットンを押し当てることで、アイメイクが肌から浮き上がって落ちやすくなりますが、この時強く押し付けないことがポイントになりますす。
  • まぶたに当てていたコットンで、アイメイクをふき取ります。
    まぶたにマスカラリムーバーのついたコットンを押し当てていたので、メイクが浮き上がり濃いメイクでも簡単に落とすことができます。下まぶたも同じようにコットンでふき取りましょう。
  • 綿棒にマスカラリムーバーをしみこませ、最初に使ったコットンを半分に折ります。
  • 目を閉じて、半分に折ったコットンをまつげの下にセットし、マスカラリムーバーをしみこませた綿棒でまつげをなぞるような感じでマスカラを落としていきます。
    この時、強くこするのではなく、毛の流れに沿って軽くブラッシングするようなタッチで行うと、まつげや肌に負担がかかりにくいです。
  • 綿棒でマスカラを落とし終わったら、コットンでまつげを軽く拭いて終了です。
    この時まつげをひっぱらないよう気を付けましょう。

マスカラを落とした後は、まつげを労ってあげて!



マスカラをきれいに落とした後に、まつげのアフターケアをすることで、抜けにくいまつげを作ることができます。
「アイシャンプー」を使ってまつげを洗いまつげに潜んでいるダニを退治したり、「まつげ美容液」を使って保湿したりすることで、まつげをケアしてあげましょう。

マスカラをただこすって落とすだけでは、まつげやまぶたにダメージを与えてしまうので、正しい落とし方でマスカラを落とし、まつげのケアをすることで健康なまつげをつくり、抜けにくくすることができるのです。

忘れやすいまつげのケアですが、しっかりと行うことで傷んでいたまつげも回復していくので、普段からまつげもきちんとケアするよう習慣づけましょう。

 

サイトマップ