マツエクにもまつげ美容液は使える?

まつげ美容液の基本的な塗り方!マツエクだからこそ使ってほしい



顔の印象は目元で決まると言われるように、目元の印象は特に重要。

目元の中でもまつげが印象付けに大きな役割を果たしているので、マツエクをする女性が多いです。

しかしマツエクはまぶたに大きなダメージを与え、まつげが弱ってしまう原因になっているのをご存知でしょうか?

普段のメイクでもまつげはダメ―ジを受けますが、それ以上にマツエクはまぶたやまつげにダメージを与えてしまうので、マツエクをしている人ほどまつげ美容液を使ってケアする必要があります。

しかしまつげ美容液には種類があり、使い方がわからないという人もいることでしょう。

そこでまつげ美容液の種類やその塗り方などについて解説していきます。

まつげ美容液の種類によって塗り方が違う

まつげ美容液は大きくわけると次の3種類になります。

    ブラシのタイプ
  • チップタイプ
  • 筆タイプ
  • マスカラタイプ


さらに商品によっては変則的なものありますが、流通量が多いのはチップタイプです。商品によっては変則的なものもあるので、購入時に注意する必要があります。

まつげ美容液の代表的な3タイプについての特徴や塗り方を見ていきましょう。

チップタイプ



チップタイプのまつげ美容液は、アイカラーチップと同じような感じでスポンジやシリコンなどのチップが先端にくっついている商品です。
チップが細ければ細いほど、目頭や目尻・まつげの根元といった細かい部分までまつげ美容液を塗りやすくなります。

細くてもチップを横にして使うことで、まつげ全体にもきちんとまつげ美容液を塗ることができます。

筆タイプやマスカラタイプでまつげ美容液が塗りにくかったという人は、チップタイプだと塗りやすいことが多いです。

ただし、チップの形状や素材に関してはメーカーや商品ごとに異なるので、購入前にネットや雑誌などの口コミで確認したり、テスターで実際に商品を手に取って確認しましょう。

チップタイプのまつげ美容液の塗り方は次の手順で行います。

1.チップの先端の斜め部分を使って、上まつげの生え際に目頭から目尻に向かってアイライナー感覚で塗ります。

2.チップ全体で上まつげを持ち上げるように根元から毛先に向けて塗ります。

3.チップ先端の斜め部分を使って下まつ毛の根元から毛先に向かって塗ります。


塗る順番としては「上まつげの生え際」「上まつげ全体」「下まつ毛」の順で塗布したほうがやりやすいです。
またまつ毛の量に合わせて、まつげ美容液の量を調整し、目頭から目尻に向けて塗ることで、まつげ美容液が目に入りにくなります。


筆タイプ


筆タイプは先端が筆ペンのようになっているもので、筆タイプのアイライナーと同じ形状のものになります。先端が筆状で細く目尻や目頭、まつげの根元やキワなどの細かい部分に塗りやすいです。

さらに筆タイプには容器から筆を引き抜くものと、筆ペンタイプのノック式の2種類あります。
ノック式は必要量だけ筆先に出てくるのでつけすぎる心配がなく、雑菌も繁殖しにくいという特徴があります。量の調整が難しい・面倒という人や液だれしてしまう場合はノック式を選ぶとよいでしょう。

筆タイプはアイメイク慣れしていない人や、メイク自体が苦手という人はつけすぎたり、慣れなくて塗るのに時間がかかるので、ある程度のメイク技術が必要になると言えるでしょう。

筆タイプのまつげ美容液は次のようなステップで塗ります。

1.上まつげの生え際に目頭から目じりにかけて生え際だけにまつげ美容液を塗ります。

2.下まつげも同様に生え際だけにまつげ美容液を塗ります。塗るときは上まつげと同じく目頭から目じりにむけて塗りましょう。


筆タイプのまつげ美容液は、まつげ全体ではなく生え際だけに塗るので、筆先にまつげ美容液をつけすぎないよう気を付ける必要があります。
また生え際ぎりぎりにつけようとして、筆先やまつげ美容液が目に入らないよう注意しましょう。

マスカラタイプ



マスカラタイプは文字どおり、先端がブラシやコーム状になっているタイプです。マスカラのようにメイクと同じようにまつげに塗りやすいため、アイメイク慣れしている人ならまつげに塗るのに違和感がなく、塗りやすいです。
ひと塗りするだけでまつげ美容液を塗ることができるので、短時間でケアを終わらせることができるという特徴があります。

しかし商品によってブラシの形状が異なり、目頭や目じり、まつげの根元などの細かな部分に塗りにくいという欠点があります。

マスカラタイプのまつげ美容液の塗り方は次のようになります。

1.ブラシでン体で上まつげを持ち上げるように、根元から先端にまつげ美容液を塗ります。このときまぶたを上に引っ張ることで、まつげ美容液が塗りやすくなります。

2.ブラシの先端部分で上まつげの根元にまつげ美容液を塗ります。ブラシの先端に小さなチップがついている場合は、チップでまつげ美容液を根元に塗りましょう。

3.ブラシの先端、もしくはチップを使って下まつげの根元から毛先に向けて、まつげ美容液を塗ります。


塗り方のポイントとしては一番初めに上まつげ全体にまつげ美容液を塗ってから、根元に塗ることと、ブラシを左右に動かさないことで綺麗に塗りやすくなります。
また根元部分にまつげ美容液を塗るときは、目頭から目じりに向けて塗るとまつげ美容液が目に入りにくいです。

今現在生えているまつ毛の状態を維持するのには向いていますが、これから生えてくるであろうまつげのケアには向きません。

またまつげと接触する範囲が広いため、雑菌が繁殖しやすいので使用前には洗顔を行うなど雑菌を付着させない工夫をする必要があります。

マツエクを付けているならまつげ美容液を使うべき!



マツエクは1度の施術で長期間状態を維持することができるので利用している女性は多いですが、施術自体がまつげのダメージにつながるということを理解している人は少ないようです。
マツエクをしている人もきちんとまつげのケアをしていれば、まつげを健康な状態で保ちマツエクを長持ちさせやすくなります。

マツエクはまつ毛の負担になる


マツエクをしているからまつげの手入れの必要がないと思っている人が一部いるようですが、それは間違いです。
マツエクは自分のまつげにナイロン製のまつげを専用の接着剤を使用して取り付けます。そのため自分のまつげの本数以上のマツエクを付けることができません。

マツエクで使用する専用接着剤は痛みこそないものの、まつげやまぶたにダメージを与えてしまいまつげが弱って抜ける原因になります。
健康な自分のまつげが抜けて減っていけば、それだけつけることのできるマツエクの本数も減ってしまいます。まつげが抜けやすくなることで長期間マツエクを維持することが難しくなるのです。

マツエクでダメージを受けたまつ毛をケア


マツエクをしたままマスカラを使えないことから、まつげ美容液もマツエクをしていると使えないと勘違いしていませんか?
まつげ美容液はまつげに対しての育毛成分で作られているもので、マツエクの専用接着剤を溶かさず全体をコーティングします。そのためマツエクをしたまま使用することができます。

まつげ美容液で日ごろからまつげをケアすると、次のようなメリットが生じます。

  • まつげが抜けにくくなる
  • まつげやエクステに汚れや雑菌が付きにくくなる
  • まつげ美容液でコーティングされるのでエクステの接着力を強化できる


このような効果があるため、マツエクを長持ちさせやすくなり自分のまつげも健康な状態を維持しやすくなり、抜けにくくなります。

まつ毛美容液の塗り方!マツエクVer.





マツエク中に使用するまつげ美容液は次のポイントを踏まえて選びましょう。

  • 保湿・補修作用のあるもの
  • オイルフリー
  • マツエクOKと表示のあるもの


まつげ美容液はまつげの発育・育毛に特化したものや、保湿・ダメ―ジ補修に特化したものがあります。マツエク中は「保湿・補修」に特化した商品を選びましょう。
またマツエク専用接着剤は油に弱いので、必ず「オイルフリー」のものを選びます。パッケージに「マツエクOK」とあるものなら、安心して使用することができます。

マツエク中のまつげ美容液はまつげの根元から吸収されるので、「まつげの根元に塗る」のがポイントです。
そのためマツエク中のまつげ美容液は、マスカラタイプよりは筆タイプやチップタイプがおすすめです。

塗る頻度

まつげ美容液は商品によってスキンケア後や、1日2回朝晩と使用回数や時間帯が決められているものもあります。
マツエク中は接着剤のダメージがあるので、1日2回、朝と夜に塗るのが効果的なので、まつげ美容液を購入する際は1日2回使用できるものがおすすめです。またまつげ美容液を塗る時は、ブラシに雑菌がつかないよう洗顔後の清潔な状態で塗布しましょうするのがポイントです。


塗りすぎは良くない?

たくさんつければその分効果がくなるはず」こう考えている人は要注意です。規定量を守らず1回で大量のまつげ美容液をつけたり、1日に何度もまつげ美容液を付けている女性は多いです。
しかしこの「まつげ美容液のつけすぎ」は、液だれを起こす原因になり目にまつげ美容液が入ったり、目元にまつげ美容液が付着することでかゆみなどが起きることがあります。

少量なら問題ありませんが、大量に目に入ることで目が充血したり、痛みが出るといった目のトラブルにつながります。また少量でも慢性的に目にまつげ美容液が入ることで角膜炎や視力低下といったことも起こる可能性があります。

まつげ美容液を多くつけても効果が早く出るということはありませんので、目やのトラブルを回避するためにも少量ずつ塗るようにしましょう。

 

サイトマップ