マツエクにもまつげ美容液は使える?

まつげ美容液の基本的な塗り方!マツエクだからこそ使ってほしい

顔の印象は目元で決まると言われるように、目元の印象は特に重要。

特に、まつげは印象付けに大きな役割を果たしているので、マツエクをする女性は多いですよね。

でも、最近まつげが元気ない。

なんだかまつ毛が少なくなってきた気がする。

なんて方も多いのでは?

実は、マツエクは、まつげにダメージを与えてしまうだけでなく、まぶたにも良くありません。

なので、マツエクをしている人は、日頃からダメージをケアしてあげる必要があるんです。

そこで今回は、まつ毛のケアができる「まつげ美容液」の種類やその塗り方、マツエクを付けている方ほどまつげ美容液が必要な理由を紹介していきます!

まつげ美容液の種類によって塗り方が違う

まつげ美容液は大きくわけると次の3種類になります。

    ブラシタイプ
  • チップタイプ
  • 筆タイプ
  • マスカラタイプ


この中で、特に流通量が多いのはチップタイプ。


でも、商品によっては、独自形状なものもあるので、しっかり確認しておこう!



まつげ美容液の代表的な3タイプについての特徴や塗り方を見ていきましょう。

チップタイプ





チップタイプのまつげ美容液は、アイカラーチップと似たような形をしています。

スポンジやシリコンでできたチップが先端にくっついている感じですね。

チップが細ければ細いほど、目頭や目尻・まつげの根元といった細かい部分まで塗りやすくなります。

筆タイプやマスカラタイプは塗りにくい」なんて方は、チップタイプだと塗りやすく感じることが多いですよ。

ただし、チップの形状や素材は、メーカーや商品で全く違います。

前使ってたまつげ美容液は塗りやすかったのに、この商品は塗りにくい!
なんてことにならないように、できれば購入前にしっかり確認しておきましょう!

チップタイプの塗り方


1.上まつげの生え際を目頭から目尻に向かってアイライナー感覚で塗ります。




2.上まつげを持ち上げるように根元から毛先に向けて塗ります。



3.下まつ毛の根元から毛先に向かって塗ります。



塗る順番としては「上まつげの生え際」「上まつげ全体」「下まつ毛」の順で塗ると、根元から毛先まで、まつげ全体に塗ることができます。


まつ毛の量に合わせて、まつげ美容液の量も調整すると良いよ!



筆タイプ





筆タイプは、先端が筆ペンのようになっています。
筆タイプのアイライナーと同じ感じですね。

先端が細いので、目尻や目頭、まつげの根元やキワなどの細かい部分に塗りやすい特徴があります

さらに筆タイプには、容器から筆を引き抜くタイプと、ノック式の2種類あります。

ノック式は必要な量だけ筆先に出てくるのでつけすぎる心配がありません。
量の調整が難しい・面倒という人や液だれしてしまう場合はノック式を選ぶと良いでしょう。

筆タイプのまつげ美容液の塗り方


1.上まつげの生え際に目頭から目じりにかけて生え際だけにまつげ美容液を塗ります。



2.下まつげも同様に生え際だけにまつげ美容液を塗ります。




まつげ全体ではなく、生え際だけに塗るのがポイント。
筆先にまつげ美容液をつけすぎないよう気を付けましょう。


生え際ぎりぎりにつけようとして、筆先やまつげ美容液が目に入らないよう注意して!



マスカラタイプ





マスカラタイプは文字どおり、先端がブラシやコーム状になっているタイプです。
マスカラと同じように使うので、アイメイク慣れしている人であれば、特に違和感もなく、塗りやすいです。

ひと塗りするだけで良いので、短時間でケアを終わらせることができるという点も特徴の1つ。

しかし目頭や目じり、まつげの根元など、細かい部分が塗りにくいデメリットがあります。

マスカラタイプの塗り方


1.ブラシ全体で上まつげを持ち上げるように、根元から先端に向かって塗る。
このときまぶたを上に引っ張ることで、まつげ美容液が塗りやすくなります。


2.ブラシの先端部分で上まつげの根元を塗ります。
ブラシの先端に小さなチップがついている場合は、チップで塗っていきます。



3.ブラシの先端、もしくはチップを使って下まつげの根元から毛先に向けて、塗る。




塗り方のポイントは、一番初めに上まつげ全体に塗ってから、根元を塗ることと、ブラシを左右に動かさないこと。


根元部分にまつげ美容液を塗るときは、目頭から目じりに向けて塗ると目に入りにくいよ!


マツエクを付けているならまつげ美容液を使うべき!

マツエクは、つけまと違って1度の施術で長期間状態を維持できるのが大きなメリットですよね。
でも、まつげのダメージにもなっていることに気づいていない方も多いです。

しっかりまつげケアをしていれば、まつげの健康を保ちつつマツエク自体も長持ちできますよ。

マツエクはまつ毛の負担になる


マツエクをしているから、「まつげの手入れなんて必要ない」と思っている方も一部いるようですが、それは大間違い!

マツエクは自まつげにナイロン製のまつげを接着剤を使ってくっつけます。
なので、自分のまつげ以上にマツエクを付けることはできません!

マツエクが原因でマツエクがつけられなくなったなんて、嫌ですよね・・。

だからこそ、まつげ美容液を使って日頃からまつ毛ケアが大切。

マツエクでダメージを受けたまつ毛をケア


まつげ美容液は、マツエクの接着剤を溶かさず全体をコーティングします。
そのため、マツエクをしたまま使用もOK!


マツエクにも使えるか、使用前にチェックはしておいてね。
エリザクイーンは、マツエクにも使えるよ!



でも、具体的にどんなメリットがあるの?
なんて思っている方も多いと思います。

マツエクにまつげ美容液は、下記のようなメリットがあります。

    マツエクにまつ毛美容液を使うメリット

  • まつげが抜けにくくなる
  • まつげやエクステに汚れ・雑菌が付きにくくなる
  • まつげ美容液でコーティングされるのでエクステの接着力を強化できる

特に、マツエクで受けたダメージをケアする目的で使います。


まつ毛美容液の塗り方!マツエクVer.





マツエク中でもまつげ美容液は使えます。
でも、商品によっては使えないものもあるみたいです。

次のポイントを踏まえて選びましょう。

    選ぶポイント

  • 保湿・補修作用のあるもの
  • オイルフリー
  • マツエクOKと表示のあるもの


自まつ毛をケアする成分「保湿・ダメ―ジ補修」効果があるまつげ美容液を選ぶのがポイント。

またマツエクで使う接着剤は、油に弱い性質があります。
必ず「オイルフリー」のものを選んでください!
パッケージに「マツエクOK」とあるものであれば問題なしです。

また、マツエク中はまつ毛に栄養を与えるというよりも、まつげの根元に栄養を届けるイメージで使用するのが良さそうです。


なので、マツエク中はマスカラタイプよりも筆タイプやチップタイプのまつげ美容液がオススメだよ。


塗る頻度

まつげ美容液は、商品によって使い方がぜんぜん違います。
例えば、1日2回朝晩だったり、夜寝る前だけだったり。

まつエク中も、商品の説明書通りに使って問題なし。

塗りすぎは良くない?


たくさんつければその分効果が高くなるはず」こう考えている人は要注意。
規定量を守らず、1回で大量のまつげ美容液をつけたり、1日に何度もまつげ美容液を付けるのは、ほとんど意味ありません。

それどころか「まつげ美容液のつけすぎ」は、液だれを起こす原因にもなります。
まつげ美容液が「目に入ったり」、目元にまつげ美容液が付着することで、「かゆみ」などが起きることがあります。

少量なら問題ありませんが、大量に目に入ると、目が充血したり、痛みが出るといったトラブルにつながります。

少量でも慢性的にまつげ美容液が目に入ることで角膜炎視力低下といった問題も起こる可能性があります。

まつげ美容液を多くつけても効果がより強く出るということは絶対にありません。




ほとんどの場合は、問題ないと思うけど、いっぱい塗っても意味がないからやらないように!
使いすぎで1ヶ月持つ商品が、数週間でなくなってしまうほうがよっぽど問題だよ。


 

サイトマップ