まつげ美容液は本当に効果あるのか

まつげ美容液は本当に効果あるのか?




まつげが長いと、目元が大きく見えて、可愛さもUPしますよね。

でも、まつげが思うように伸びてくれなかったり、途中で千切れてしまったり・・・。
いろいろとトラブルが多いのも事実。

そんなトラブルを解消してくれるのが「まつげ美容液」なわけです。

コスメ好きな女性の間では、「まつげが伸びた」「太く、量が増えた」なんて声も見られます。

そんなこと聞いたら、まつげ美容液試したくなりますよね笑。

でも、購入するのはちょっと・・・。
  • 本当に効果あるの?
  • 試してみたいけど、効果なかったらどうしよう・・。

いろいろと不安や疑問があるはず。

そこで、今回はまつげ美容液の効果について詳しく解説します!

まつげ美容液で期待できる効果

市販されているまつげ美容液は、いろんな効果をうたっている商品があります。
大きくわけると3つの効果が期待できるそうです。

  • 傷んだ・弱ったまつげのケア効果
  • まつげを健やかに保つ
  • まつげの成長をサポート



おおー!すごい!これだけ聞くと、確かにまつ毛に良さそうだけど・・。
本当に効果あるのかな



それでは、1つづつ具体的に見てみましょう!

まつげケア効果


まつげ美容液には保湿成分を配合しています。
なので、次のような効果が期待できます。
  • まつげの水分を保護しツヤを維持できる
  • まつげの柔軟性を維持できる
  • 紫外線やマスカラ、ホコリなどの外部の刺激からまつげを守る
  • まつげのバリア機能になる


まつげを保湿成分でコーティングすることで、保護するというわけですね。
しかも、目元の保湿にもなるらしく、これから生えてくるまつげも守ることもできるらしい。


ポイント

髪が乾燥すると、パサパサになったり、ツヤを失い、千切れやすくなる。
それと同じく、まつげも乾燥すると、千切れやすくなる。



髪に保湿が必要なのと同様に、まつ毛も保湿が重要なんだね。
冬の時期は特に気を付けるべき!



まつげを健やかに保つ効果


まつげ美容液に含まれている成分には、次のような効果が期待できます。

  • 抜け毛・切れ毛を防ぐ
  • 太いまつげを作る
  • まつ毛にハリやコシがでる


まつげを保湿することも重要ですが、まつ毛に栄養を与えることも重要。
しっかり栄養補給することで、健やかなまつ毛を保つことができるようになります。

このサイトでも紹介しているエリザクイーンでは、コシ・ハリを与える成分として「ワイドラッシュ」という成分を配合しています。

ポイント

日々のダメージで弱ったまつ毛は抜け毛。切れ毛になりやすい。
しっかり栄養を与えることが大切。


まつげの成長サポート効果


まつげの健康を保ち、イキイキしたまつ毛作りには、栄養分が必要。
しかし、血行が悪いとまつげの根元まで栄養を運ぶことができません。



栄養が運ばれないと、まつげが栄養不足に陥ってしまいます。
栄養不足になると、正しいターンオーバーが行われず、抜けやすくなったり、弱々しいまつげの原因にも。

そこで、まつげ美容液には血行促進効果のある成分が含まれているものが多い。
血の巡りを良くすることで、まつげにしっかり栄養を届けるわけですね。





薄毛の原因は栄養不足なんて言われたりもしているよ。
毛はタンパク質でできているから、栄養不足が薄毛の原因っていうのもうなずけるね。
これはまつげにも言えること。




また、育毛成分を含んでいて、育毛効果をうたっているまつげ美容液も中にはあります。

ですが、育毛剤は「医薬部外品」や「医薬品」となるので美容液とは異なる商品です。
日本で認可されている「まつげ用育毛剤」はなく、海外製品がほとんど。

まつげの育毛効果をうたっている商品には注意したほうがよいでしょう。

でも効果ない・意味ないって意見もあるけど・・

まつげ美容液を実際に使用していて、効果がなかったなんて意見も多いですよね・・。

でも効果がなかったのは、まつげ美容液せいだけじゃないかも?

というのも、まつげ美容液はあくまで「補助」です。
普段の生活が乱れていると、まつげにも影響してしまいます。


まつげ美容液の使い方が間違っていたり、生活習慣が乱れていたり・・。


まつげを健やかに育てる環境を作ってあげることが何より大切なんです。
その上で、まつげ美容液で補助してあげることがが大切。



まつげ美容液はあくまで補助。
まつげケアも奥が深いなあ・・。




効果が出ない理由


まつげ美容液で「効果がなかった」って方は、次の5つをチェックしてみて!

1.まつげ美容液の塗り方が間違っているかも?

まつげ美容液は「筆タイプ」「マスカラタイプ」「チップタイプ」の3種類があり、さらに商品によってはつけるタイミングも塗り方も全然違ってきます。
  • 朝晩洗顔後に塗る
  • 寝る前に塗る
  • 根元だけに塗る
  • まつ毛全体に塗る
  • まぶたに塗る

このように、ぜんぜん違うのがわかりますね。
まずは使い方が間違っていないか確認してみてください。

2.まつげ美容液の選び方が間違っているかも?

まつげ美容液は、商品によって、アプローチの仕方が全然違います。

ダメージ補修や保湿をメインに作られていたり。

まつげの育毛を目的に作られていたり。


商品によって「まつげへのアプローチ」がぜんぜん違うんですね。


あなたのまつげにあった商品選びが大切になってくるわけです。


塗りにくいタイプだと、まつげの根元から先までちゃんと塗るのがむずかしい・・。
って場合、まつげに成分が届いていない可能性もあるよ。



  • どのようなアプローチからケアするのか
  • 塗りやすいものを選ぶ

この2つをしっかりとチェックして商品を選びましょう。

3.生活習慣の乱れ

まつげも髪の毛と同じように、栄養分がなければ成長しませんし、弱って抜けてしうことだってあります。
たまに、「目をこすっただけで抜けてしまう」「ビューラーで抜ける」なんて女性もいますよね。

それは、偏った食生活や不規則な食事で、まつ毛が弱ってしまっていたのかも。


睡眠も重要なポイント。
不規則な睡眠、質の悪い睡眠、寝不足は非常に危険だよ。



4.まつ毛の負担が多い

マツエクをしたりマスカラの使用は、まつげやまぶたの負担に。

また、メイク落としの際にまつげの根元を強くこするのもまつげにとっては大きな負担に。

    まつげの負担になる行為

  • マスカラを毎日付けている
  • マツエク・つけまつげを毎日付けている
  • 目元を強くこすることが多い(花粉症など)


毛の成長に最も重要なのは睡眠


まつげは「紫外線」「マツエク」「メイク」などいろいろな方向からダメージを受けています。
そして、昼間に受けたダメージは眠っている間に修理しているんです。

で、この補修作業には「成長ホルモン」が必要です。

成長ホルモンが一番多く分泌されるのは、睡眠状態にはいってから3〜4時間の間と言われています。


成長ホルモンとは?

成長ホルモンは、三大栄養素といわれている「炭水化物」、「タンパク質」、「脂肪」の働きを促進させるホルモンのひとつです。

髪の毛やまつげの成分である「アミノ酸」の吸収率を上げてタンパク質の合成を高める効果もあるといわれています。



また、いくら長い時間寝たとしても、質が悪い睡眠だと体の修理ができません。
これでは、まつげだけでなく肌荒れの原因にも・・。


日ごろから睡眠時間を確保することも重要だけど、睡眠の質を上げることも大切なんだね。
「まつげのため」ではなく、体のためにも睡眠はしっかりとろう!



まつげ美容液はあくまでサポートするだけ

まつげが抜けるのを防ぎたい・・・。

長いまつげを作りたい・・・。



というのは多くの女性が持つ悩み。

悩みを解決するために、いろんな美容液を使ってるなんて女性もいます。
でも、根本から解決するためには、普段の生活から見直す必要があるんですね。

まつ毛美容液は、あくまでもサポートであることを認識すること!


ダメ―ジを受けたまつげのケア」「健やかなまつげを保つ」のはあくまでもあなた自身。


生活習慣が改善されると、今まで悩んでいたのが嘘のように肌がイキイキするし、まつげもイキイキするよ。
でもそれはとっても大変なことだよね・・。
だからまつげ美容液にすがってしまうのかも・・。


 

サイトマップ